米沢織「佐志め織物」展  3月4日(金)〜7日(月)

米沢という織物について

慶長6年 米沢に藩を構えた上杉家。


イラクサ科の青苧(からむし)の繊維から糸をつくる技術がもたらされ

「青苧織」が誕生しました。


昭和4年に9代目藩主となった上杉鷹山は、養蚕と絹織物を推奨し、織物産業を発展させ藩の財政を支えたそうです。



この記事のトラックバックURL
トラックバック